このブログについて(自己紹介)


一般論や正論ではなく、「わたし」を主語にしたことばを語ります。

2014年4月5日土曜日

男女のハモりが美しい曲まとめ Part 2

前回に引き続き、洋楽で男女のハモりが美しいデュエット曲を紹介していきます。

Glen Hansard & Markéta Irglová - "Falling Slowly"

そもそも前回の記事を書こうと思ったのが、映画「ONCE ダブリンの街角で」を観たからでした。とても印象的なこの曲。すごく好きです。

Hugh Grant & Haley Bennett - "Way Back Into Love"

同じく、映画で男女が歌ってるといえば「ラブソングができるまで」が有名ですね。

Lady Antebellum - "Need You Now"

男女が歌うグループだとLady Antebellumが有名。一曲だけ紹介しておきます。

Mandy Moore & Jon Foreman- "Someday We'll Know"

ハスキーなジョンとセクシーなマンディの声の絡みが絶妙です。

Bon Jovi & LeAnn Rimes - "Till We Ain't Strangers Anymore"
ボン・ジョビのアルバムからバラードです。

The Morning Of - "Shine"

男性も女性もヴォーカルがいるグループ。静かめな一曲。

James Morrison & Nelly Furtado - "Broken Strings"

ハモるのは後半からですが、夜にドライブしながら聴きたくなる感じ。

Laura Pausini & James Blunt - Primavera in Anticipo
オリエンタルなロックな感じ。

Bob Dylan, Joan Baez and PPM - "Blowin' in the Wind"

レコーディングじゃないけど、ライブでこんなのありましたっ。


Part3に続きます!

0 件のコメント:

コメントを投稿